ろまんくらぶ「仮面の天使」231

「ねー、混んでる」
「まあ、帰宅時間だもんね」
「新宿からまた人が乗ってくると思うけど、私たち降りるから」
「だね」
「でさ、そのクラブってカッコいいんでしょ?」
「まあね」
「食事とかは?」
智子は興味津々だ。
「軽いスナック程度しかないから、入る前にご飯かなあ」
「りょーかい」
4人はおしゃべりをしながら、混雑をやり過ごす。すぐに新宿に到着する。
「どっちらへん?」
「三丁目付近」
「オッケー。南口がいいのかな?」
「だね」
4人は出口に向かい、ホームのエレベーターで南口へ出る。
「どっちから出る?」
「こっち」
茉莉が誘導する。
「左側のビル脇のエレベーターを降りて、少し歩くけど」
「は〜い」
「了解です」
3人のおしゃべりにアンディは時々ついていけなくなる。女子の中に男ひとりだと、どうにもこうにも大変だった。
エレベーターで道路に降りて、しばらく歩くと、新宿の三丁目に出る。大きな通りを少し脇に入ったところに、バルがある。
「いらっしゃいませ。何名様ですか?」
「えっと4人。予約とかしていないけど」
「まだ今なら大丈夫ですよ。お席にご案内いたします」
店員はパリっとした白いシャツに、黒いエプロンをつけている。案内された席は奥のスペースの真ん中に位置していた。
「それではご注文が決まりましたら、お呼びください」
「じゃあ、先に飲み物頼もうかな。ね、何がいい?」
「まさか、ボトルとか?」
「今日は、あんまり。明日も授業だし」
「んじゃ、、、私はシャンパン、グラスで」
「私も」
「じゃ、私も。アンディは?」
「じゃあ、同じもので」
「かしこまりました。グラスシャンパン4つですね」
「お願いします」
店員が離れていってしまうと、智子が少しふざけた口調で話す。
「ねね、なんだかちょっちラテンっぽいイケメン」
「あ〜もう。智子ってすぐそれだから」
京子はというと苦笑いを浮かべた後、ため息を吐く。
それから4人はメニューを見て、あれこれと注文する。