楠えりかのフレンチ・ヴォイス・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ろまんくらぶ「仮面の天使」99

<<   作成日時 : 2017/11/15 10:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

茉莉はどうだろうか。茉莉、雅也はまだ名前を知らないが、彼は彼女の派手な見かけとは違う、何か純粋な部分をかぎ当て、そこに惹かれていた。その純粋さを彼は壊し、粉々にして、泥沼の底へ沈めたい欲望に動かされていた。

そこに悲劇のロンドが出来上がる。

雅也の瞳にはチラチラと青い炎の影が見える。静香はもちろん悪い予感を感じる。今度の彼の標的は一筋縄ではいかないのかもしれない。だから年末のコンサートは行わず、年末年始の時を、まさかその女と共にする気なのではないだろうか。静香の背中にどす黒い闇が染み出してきて、彼女の赤いつめの指先はかすかに震えている。雅也と年末年始を過ごせないことは、静香にとってひりつく様な孤独と絶望を意味する。心臓にはかすり傷が無数に付けられ血が滲み出してくる。

ウィッチーの仮面を被った天使、雅也の目に茉莉はそう映っていた。それは重奏的な曲の源の素材にぴったりだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ろまんくらぶ「仮面の天使」99 楠えりかのフレンチ・ヴォイス・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる